【ことわざ】 船頭多くして船山へ登る ( せんとうおおくしてふなやまへのぼる )


『 船頭多くして船山へ登る 』の意味

一そうの船に船頭が何人もいて勝手に指示を出すと船が山に登るようなとんでもないことになるということで、指示する人が多いと統一がとれず物事がうまく運ばなくなり、見当違いの方向に進んでいくということ。 』
→座右の銘ランキングを見る


「 船頭多くして船山へ登る 」を座右の銘にオススメしたい方は →

※おすすめ数が多ければよりランキング順位があがります。

→ランキングを見る

実際の利用のされ方(ニュースより):

『 船頭多くして船山へ登る 』のイメージ写真(フォト蔵より。表示がない場合はイメージがありません)

直栄丸にて船釣り (4) 直栄丸にて船釣り (3) 直栄丸にて船釣り (2) 直栄丸にて船釣り (1) 船出~☆

「座右の銘」関連サイト

ソーシャルことわざtwitter

二時間毎につぶやいています。良かったらフォローしてください。

問い合わせ Copyright (C) ソーシャルことわざ.com All Rights Reserved.