【ことわざ】 三人寄れば文殊の知恵 ( さんにんよればもんじゅのちえ )


『 三人寄れば文殊の知恵 』の意味

文殊とは知恵を司どる菩薩様のことで、たとえ平凡なひとであっても三人集まって相談すれば、すばらして知恵が出くること。 』
→座右の銘ランキングを見る


「 三人寄れば文殊の知恵 」を座右の銘にオススメしたい方は →

※おすすめ数が多ければよりランキング順位があがります。

→ランキングを見る

実際の利用のされ方(ニュースより):

『 三人寄れば文殊の知恵 』のイメージ写真(フォト蔵より。表示がない場合はイメージがありません)

文選 今年最初の・・・春の華 ~桜~ 観音滝公園 b 二人寄り添う。。座間ひまわり 20160816 散切り頭を叩いてみれば文明開化の音がする…(・・)ぴ9

「座右の銘」関連サイト

ソーシャルことわざtwitter

二時間毎につぶやいています。良かったらフォローしてください。

問い合わせ Copyright (C) ソーシャルことわざ.com All Rights Reserved.