【ことわざ】 弘法筆を択ばず ( こうぼうふでをえらばず )


『 弘法筆を択ばず 』の意味

書の名人の弘法大師は筆の良し悪しは気にせずにどんな筆でも上手に書くことができた。自分の未熟さを人のせいにしてはいけないということ。 』
→座右の銘ランキングを見る


「 弘法筆を択ばず 」を座右の銘にオススメしたい方は →

※おすすめ数が多ければよりランキング順位があがります。

→ランキングを見る

実際の利用のされ方(ニュースより):

『 弘法筆を択ばず 』のイメージ写真(フォト蔵より。表示がない場合はイメージがありません)

啓発録 洗濯バサミ 手書き 画家の名は、現在北都館で個展が開催されている本田滋さん。長年、厳しい実務の最前線で働く合間に、自分を癒すために筆を取るようになった方だ。だから彼の言葉にはとても説得力がある。 #art なんとか収束のめどが着きそうになったが、筆を洗ってたらポキッと折...

「座右の銘」関連サイト

ソーシャルことわざtwitter

二時間毎につぶやいています。良かったらフォローしてください。

問い合わせ Copyright (C) ソーシャルことわざ.com All Rights Reserved.