【ことわざ】 下手の長糸上手の小糸 ( へたのながいとじょうずのこいと )


『 下手の長糸上手の小糸 』の意味

長い糸を針に通して使うのは裁縫の下手な人で、上手な人は必要なだけの短い糸を針に通して、要領よく縫うということ。 』
→座右の銘ランキングを見る


「 下手の長糸上手の小糸 」を座右の銘にオススメしたい方は →

※おすすめ数が多ければよりランキング順位があがります。

→ランキングを見る

実際の利用のされ方(ニュースより):

『 下手の長糸上手の小糸 』のイメージ写真(フォト蔵より。表示がない場合はイメージがありません)


「座右の銘」関連サイト

ソーシャルことわざtwitter

二時間毎につぶやいています。良かったらフォローしてください。

問い合わせ Copyright (C) ソーシャルことわざ.com All Rights Reserved.