【ことわざ】 淵を臨みて魚を羨むは 退いて網を結ぶに如かず ( ふちをのぞみてうおをうらやむはしりぞいてあみをむすぶにしかず )


『 淵を臨みて魚を羨むは 退いて網を結ぶに如かず 』の意味

淵のそばで魚が欲しいと見ているよりは、家に戻って魚採りの網を作ったほうがよい。他人の幸せを羨むよりも、自分で幸せになる方策を考えるべきだ、というたとえ。 』
→座右の銘ランキングを見る


「 淵を臨みて魚を羨むは 退いて網を結ぶに如かず 」を座右の銘にオススメしたい方は →

※おすすめ数が多ければよりランキング順位があがります。

→ランキングを見る

実際の利用のされ方(ニュースより):

『 淵を臨みて魚を羨むは 退いて網を結ぶに如かず 』のイメージ写真(フォト蔵より。表示がない場合はイメージがありません)


「座右の銘」関連サイト

ソーシャルことわざtwitter

二時間毎につぶやいています。良かったらフォローしてください。

問い合わせ Copyright (C) ソーシャルことわざ.com All Rights Reserved.