【ことわざ】 喉元過ぎれば熱さを忘れる ( のどもとすぎればあつさをわすれる )


『 喉元過ぎれば熱さを忘れる 』の意味

熱い食物でも喉を過ぎれば熱かったことなど忘れてしまう。苦しい経験も過ぎされば忘れること、懲りたこともすぐ忘れて繰り返すこと、助けてもらった恩を忘れること、のたとえ。 』
→座右の銘ランキングを見る


「 喉元過ぎれば熱さを忘れる 」を座右の銘にオススメしたい方は →

※おすすめ数が多ければよりランキング順位があがります。

→ランキングを見る

実際の利用のされ方(ニュースより):

『 喉元過ぎれば熱さを忘れる 』のイメージ写真(フォト蔵より。表示がない場合はイメージがありません)


「座右の銘」関連サイト

ソーシャルことわざtwitter

二時間毎につぶやいています。良かったらフォローしてください。

問い合わせ Copyright (C) ソーシャルことわざ.com All Rights Reserved.